浴室の排水で起きる水のトラブル予防方法

浴室では、1回に大量の水を使うところが特徴です。それだけ水のトラブルも発生しやすい場所といえます。トラブルになる原因を把握しながら、予防もしていかなければいけません。気がつかないうちに、配管にも汚れが溜まり、汚水が逆流するといったケースもあるからです。

■排水から流れない

浴室で排水が流れなくなる原因はいくつか考えられます。その中でも原因として多いのが、髪の毛が詰まったケースです。髪の長い女性は特に気を付けておかなければいけませんが、絡みやすく排水管内で詰まってしまうことが見られます。排水口には、ヘアキャッチャーが取り付けられているため、定期的な清掃が必要です。使用頻度にもよりますが、3日に1回程度は除去しておくと、配管へのダメージはかなり下げられます。
浴室では、石鹸も使いますが、これも水のトラブルの原因です。使わないわけにはいきませんが、人間の皮脂と混ざり合うと配管内で石鹸カスがこびりついてしまいます。さらに他のごみを巻き込み、配管内を狭めていき、やがて流れなくなるのが原因です。

■手軽にできる予防方法

浴室の配管の詰まりを予防する方法は、パイプクリーナーを使うのが一番です。定期的に使うことで、配管内の汚れを簡単に除去ができます。排水管の劣化も防げるため、簡単にできる予防方法です。パイプクリーナーだけではなく、50度程度のお湯を流すのも対策になります。熱湯になると、塩ビ管などが使われる配管にダメージを与えてしまうため逆効果です。ゆがんでしまうと、接続部分に隙間ができて水漏れの原因を作ることもあるため温度が重要です。油汚れも流れ落とせますし、手軽にできるため、これでトラブルを予防してきましょう。

■まとめ
浴室でも大量の水を使います。排水できなければ、あふれだしてしまいますし、衛生的にも問題です。日常的に対策をすると、かなりの予防になります。日頃見えないことから確認がおろそかになり油断してしまいがちな場所になるため、定期的な対策が大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ