家庭内で起きる水のトラブル

家庭内で起きる水のトラブル 水のトラブルが起きると、生活に対していろいろな影響が出てきます。生活の中で、水は欠かすことができないからです。トラブルにもいろいろな種類があり、水が使えなくなることもあれば、水漏れもあるでしょう。設備自体が使えないこともあります。どのような状況においても、できるだけ早く修理をしていかなければいけません。
水のトラブルは、水が流れ出してしまうと、設備以外にも影響を与えます。建物にも被害を発生させますし、流れ出したことで下の階に被害を広げるようなケースもあり、経済的にも大きなダメージが広がってしまうのが特徴です。設備によっては専門的な知識も必要になるのも理解しなければいけません。

■多くの水を使う浴室

必要なときにお湯を出せるのは、給湯器があるからです。珍しい設備ではなくなり、どこの家庭でもほぼ常設となってきています。台所ではお湯を出すことで、効率的に汚れも落とせるようになり、浴室では浴槽にもシャワーにも活用できる機器です。現在のように普及が拡大したのも、それだけ便利で活用の幅があるからといえます。
浴室では、多くの水を使いますが、それだけ水のトラブルも起きる場所です。お湯が出ないなどであれば原因が給湯器にある場合もありますが、蛇口や配管の問題もあるため、どこに問題があるのかを確定させなければいけません。そのうえで、専門業者に依頼するなどを検討していくといいでしょう。

■日常生活の中で欠かせないキッチン
キッチンでもいろいろなトラブルが起きる可能性があります。水を使うという面では、生活の中で最も長い時間利用するのがキッチンです。浴室や洗濯機なども多くの水を使いますが、いつでも使っているわけではありません。キッチンは、食事を作るたびに使用し、食器などを洗う際にも水を必要とします。使用頻度の高い設備になるため、どうしてもトラブルが出やすいといえるでしょう。
水を多く使うという面で、キッチンの蛇口も摩耗が早くなります。使用頻度が高いため、パッキンなども劣化しやすくなるからです。蛇口本体の交換なども視野に入れて、トラブルの対応をしなければいけません。

■発見が遅れやすい排水管のトラブル

水のトラブルでは、給水側だけではなく、排水管でも起きます。家庭内で水を使えば、どこかに排水しなければいけません。室内に垂れ流すわけにはいかない以上、排水管が必要になります。大半の排水管が、見えない場所に設置されるのが問題です。圧力を掛けて流すためではないため、水を使う設備よりも下に設置するのが特徴で、部屋の中に排水管が露出するのは見た目に違和感が出ます。トラブルの発見が遅くなりやすく、どこで漏れているのか給水とは違ったトラブルを抱えるのが特徴です。
排水管に流れるのは、使った水です。綺麗な水であることは少なく、漏れだしてしまうと、衛生的に大きな問題を抱えます。周囲を汚してしまうだけではなく、害虫や臭いの問題も出てくるため、早期に対応が必要です。見えない場所に設置されるため、メンテナンスをすることも必要になるでしょう。

■まとめ
水のトラブルは、水を使う以上、切り離すことはできません。修理をするのか、交換するのかといったことも考える必要があります。水が流れ出せば、設備の問題だけでは済まなくなることも珍しくありません。広範囲に修繕も必要になるため、点検も考えておくべきです。どんなものでも、劣化から逃れることはできません。変化を見つけた時が、修理の一番のチャンスになるため、見逃さないようにしなければいけません。そのうえで、自分たちが対処できることなのか、専門業者に依頼するのかを判断し、トラブルが拡大する前に対処するのが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース